第18節 マンチェスター・シティ 1-0 ブライトン【脚が伸びるデブ神】

スポンサーリンク

鬼神GK、サンチェス!

いや~、雨中の戦いでフィニッシュが
決まりにくかったのかも知れませんが、
GKサンチェスがいなかったら大差
がついた試合でしょうね!

フォーデンの転がし決勝弾
(正直、ミスキックにも思える)
もなかなか乙です。

でも、個人的には0:45あたりからの、
フォーデンのドリブル→
残してしまったボールをデブ神がフォロー。

脚が伸びてるっ!

そしてそこから強烈シュートに驚愕!

このシーン、実はCKから
GKエデルソンのキャッチ→
シティのロングカウンター!

推進力はデブ神ですよ。
ロシアW杯のベルギーVS
日本戦そっくりだった。

そういや、決勝点で
フォーデンに縦パス出して
アシストしたのもデブ神ですね…。

さすがのため息、です。

英語実況分析:Beat

後半、ギュンドアンがこぼれ球を拾う:

Gundogan…! And he’s overrun it.

これはまぁ易しい語ですね。
走りすぎてしまった、つまり
ラインを越えた、の意味。

◇◇◇

カンセロがカットイン:

Cancelo beats one, beats two,
in field he goes!
Sanchez pushes it away again!

これは相手DFを倒し、また一人倒し、
という意味ですね。

ぬかるんでいたこともあり、
カンセロの鋭い切り返しに
DFはきりきり舞い。

タイトルとURLをコピーしました