第3節 マンチェスター・シティ 2-5 レスター【ヴァーディ帽】

スポンサーリンク

7点のうち3つがゴラッソ!!

いや~意外な結果。
逆のスコアならある程度納得なのですが!

前半35分まで見てから寝た人がいたら、
その後レスターが大差で勝ったなんて
信じられないでしょうね。

ヴァーディは2PKを含むハットトリック。
そして全7ゴールのうち、実に3つがゴラッソ。

  • 先制のマフレズ、重箱の隅をつつくストレート弾
  • ヴァーディの2点目(軸裏を通すインサイドショット!)
  • そして何よりチーム4点目のマディソン!

バーンズ&ティーレマンスが攻撃を牽引した
レスターが快勝。

とくにティーレマンスの2本の縦パスから
2得点が生まれてます。

最後のPKは、チームからのご褒美でしょうか。

逆に、デブ神はどうしちゃったのか??
ハイライトで全く出てきません!

スポンサーリンク

英語実況分析:Arrear

冒頭に挙げたレスター公式も、
こちらのシティ公式も
特筆すべき表現はなさそうでした。

とはいえ、2本目のシティ公式で
3点目を取られたシーン:

It’s all going, badly wrong for City.

勝利が遠ざかっていく感じが出てます。

◇◇◇

CKからアケのヘッド弾(移籍後、初のゴール):

City have indeed reduced the arrears.

arrear は「支払い残金、延滞金」なんて
意味もありますが、
語根rear から「後ろの」の意味は
ピンとくるのでは。

この場合、「リードされている(点差)」
のこと。

 

では、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました