第24節 マンチェスター・シティ 3-0 トテナム【ギュンドアン劇場】

スポンサーリンク

2試合連続の2得点

デブライネは1月20日(延期第1節、
ヴィラ戦)の怪我から欠場してますが、
それでもチームは勝ち続けてます。

最近のかなめはギュンドアン!
前節リバポ戦での2得点に続き、
今回は2ゴール、1PKゲット。

特に自身の2得点目(チーム3点目)
のコントロールがお見事。

GKエデルソンからのキックも、
人間の脚力じゃないみたい…。

DF6番のサンチェスは、
グラウンドにへばってますw

◇◇◇

対するトテナムはFAカップを含む
ここ6試合で、なんと1勝5敗。

下手したら、モウさんの首も
そろそろ飛ぶ予感です…。

英語実況分析:ナゾ語

ギュンドアンの1点目、1:17あたり:

And his fine-goal-scoring phone [?] continues!

ふつうなら「run」とかだろ、と
思って何度も聞き直しているのですが
phone などに聞こえます。

何だろう…。
家族とかに「今日も入れたぜ!」と
電話するのが最近の流行りとか、
そんなコンテクストがあったのかもです。

それか、公式の留守電とかで
メッセージを入れているとかかなあ?

◇◇◇

最後、ベイルの惜しいシュート:

but would have been
a brilliant goal from Gareth Bale.

ここが驚速ですね。
文法的には、おなじみの
仮定法過去完了です。

タイトルとURLをコピーしました