第2節 ニューカッスル 0-3 ブライトン【ランプティ劇場】

スポンサーリンク

19歳、戦車を食う!

下記の公式動画でも
かなり取り上げられているのですが、
これに留まらない大・大活躍
アルビオンの新星・ランプティ
が見せてくれます!

今年1月に、育てのチェルシーを離れて
アルビオンと3年半の契約。

奇遇にも第1節はチェルシー戦。
そこでも凄く目立ってた選手です。

先制点のPK奪取シーンもそうですが、
あの「サン・マクシマン戦車」さんを
チンチンにし続ける。

最後は足を捻ったこともあり、戦車さんは
逆サイドに移動。
そして前半33分で無念の交代。

◇◇◇

ランプティは守備でもギリギリで
シュートを止めるなど、
まさに
「あいつ、一人でサッカーやってる!」
状態でした。

身長163cmですが、鋼の下半身。

見てて、なんとなくデビュー当初の
マイケル・ジャクソン(とそのメンバー)に
思えるので、個人的にほほえましい(笑)。

 

モペー復調

それと、第1節では元気のなかったモペーが
この試合では1PKを含む2ゴールの活躍。

2点目はトロサールからのセンタリングを
うまく流し込み。VARでゴール認定。

◇◇◇

そしてチーム3点目のコノリー弾も
なかなか見ごたえあります。

モペーからの預かりボール。
止めたところが詰まった位置にも思えましたが、
ほぼワンステップで強烈なカーリー弾!

◇◇◇

第1節では新戦力が噛み合ってた新城さんですが、
なぜかこの試合では元気がなかったです。

最後のジャマル・ルイス、
鼻骨骨折でもしていそうで心配です。

イヴ・ビスマは最初イエローでしたが、
VARで一発退場に変更となってます。

 

英語実況分析:Stutter「どもる」

アルビオンの実況氏もなかなか高速。

モペーの先制PKのところ:

Maupay, stuttering run-up, and fizzes it in…

stutter は「どもる」。
fizz は以前も出てきましたが
「泡をブシュっと出すかのように打つこと」

よって「助走を(わざと)遅らせて、
ゴールに蹴りこんだ!」てなところか。

◇◇◇

Well, we’ve had a flurry of goals.

flurry は突風、小波乱。
急に前半7分までに2点取れちゃったこと
を言っているのでしょう。

◇◇◇

最後は、この試合も貢献してた
トロちゃん(トロサール)、1:34あたり:

And he [Trossard] cracks the base of the post!

crack は「砕く、ヒビを入れる」
まさか、ゴールポストは砕けてはおりませぬ。

でも、面白い表現です。

タイトルとURLをコピーしました