第5節 ニューカッスル 1-4 マンチェスター・ユナイテッド【後半41分、プッツン】

スポンサーリンク

まだまだ、マタ。

フアン・マタは32歳。
思えば、香川真司がマンUで
活躍できなかったのは、
マタの存在があったから。

それがまだ現役でマンUに居て
これだけ活躍できるのか…。
と、おセンチな気分になります。

逆に、香川さんが残っていたら
どうなっていたでしょうね。
歴史にif はないけど、
サッカー飲み会のネタにはなりそう。

スポンサーリンク

「お騒がせ男」が同点弾

代表戦で退場になってたマグワイア。
前半23分にマタからの左CKを
ヘッドで突き刺してます。

側頭部でそらした感じですが、
前進してバシッと当てたので
球速がありましたね。

後半にも似たようなヘッドを
打ち込んでいます
(シェルヴィーがクリア)。

◇◇◇

スタッツ見たら、シュート数で
ニューカッスル「7対28」マンU
でした。

新城さんの数少ないチャンス。
後半6分にサン・マクシマンが
左サイドにて華麗なるドリブルで翻弄。

絶妙な折り返しをカルム・ウィルソンが
決めていれば…。

というか、肩を痛めたはずの
デ・ヘアはなぜあれを止められるんだ~?

ブル・フェル、極上カーリー弾

耐えに耐えてきた「新城さん」
でしたが、後半41分。

逆襲からブルーノ・フェルナンデスの
カーリー・ゴラッソを許し、
緊張の糸がプッツン切れてしまいました。

その後の短い時間でさらに2点を献上。

「ブル・フェル」は1G1Aと、
相変わらずの大黒柱ぶり。

英語実況分析:Resilient

マンUの公式動画を見たところ、
最初のサン・マクシマン戦車さんの
2人を引き連れてのシェルヴィーへの
パスがカットされてる…。

後半のドリブル翻弄劇もないじゃないか!

で、新城さんの公式を見たのだ。↓

先制点の展開のところを
ちょっと映している程度だけど、
まぁ許してやるお、と思ってたら。

俺ちゃん
俺ちゃん

肝心のドリブル翻弄劇が完全カット!
え、君らのチームの数少ない
決定機を丸ごとカットしちゃうの?

めっちゃやる気なくすわ~。

ま、ダーロウがPK止めたシーンも
あるし、少し長めの
マンU公式をチョイスするわね。

◇◇◇

序盤のオウンゴールのシーン、
「Krafth is there!」と言っています。
センタリングを入れたエミール・クラフトのこと。

次いでマグワイアのヘッド弾:

Harry Maguire, so resilient
for Manchester United.

元気のある、快活な、といった意味。

◇◇◇

ワン・ビサカがプロ初ゴールと言った直後:

I don’t think he’ll ever get better than that !

ここ、実況さん驚速すぎる。
俺ちゃんもCC機能がなければ
聞き取れない可能性大。

というか、よく舌が回るよな。
日本語もこのくらい速く言えるかなぁ?

◇◇◇

ニューカッスルは悪くないスタートを
切った今シーズンですが、構造的な
問題を(とくに守備➡攻撃時に)
抱えていそうです。

頑張れ、サン・マクシマン戦車!

タイトルとURLをコピーしました