第30節 ニューカッスル 2-2 トテナム【ソンに球出ず最後に大損】

スポンサーリンク

ケイン2発も、後半40分に同点弾を許す

ケインの2点目、凄いなぁ。

いったん外に離れて、パスを受ける
角度とスペースを作ったあと、
ボールストップが完璧。

そして打ち込むシュートの球速も!

◇◇◇

しかし後半、逆襲から猛ダッシュを
かけるソン・フンミンにボールは出ず。

ラメラはここで左のケインを選択。
しかしケインのシュートはポスト直撃。

ここから、スパーズにとっては痛い展開へ。
後半40分に同点弾を押し込まれてしまう。

英語実況分析:Composure

ニューカッスルの先制点のところ:

Longstaff with the composure!

composure で「冷静沈着」

こちらは兄のシーン・
ロングスタッフでした。

◇◇◇

その後のスパーズ同点弾のところがナゾ語。
0:39あたりです。

Ndombele…
Spurs’ [??] apply swiftly.

ここの[??]のところは、
何度聞いても、スローにしても、
ワカリマセン!

カナで書くと「ルトル」かな?
little だと文法的に通じないし…。

これはナゾ語認定。

ま、分からないときは
素直に諦めるしかないです。

タイトルとURLをコピーしました