第27節 シェフィールドU 0-2 サウザンプトン【ゴロでダメなら弾丸で】

スポンサーリンク

チェ・アダムスの「2度目」弾!

上はシェフィールドの公式動画。

セインツのほうも見たのですが、
どちらのハイライト動画でも、
残念なことにこの試合2得点目の
前段がカットされてます。

チェ・アダムスが左サイドから
侵入してゴロ球でシュート(または
センタリングか)を打ち、そこから
こぼれて来た球を味方が胸で落とし、
それをアダムスが2度目のシュート。

今度は強烈な弾丸!

◇◇◇

セインツは2021年のリーグ戦では
ようやく2勝目。
1月4日のリバポ戦大金星から
2ヵ月勝利なかったことになります。

なお、南野は決定機を外して途中交代…。

英語実況分析:Beast of a Strike

チェ・アダムスの得点のところ:

What a beast of a strike that is,
from the former Blades Che Adams!

That’s four in three for him
against his father’s side.

a beast of a strikeという表現は
面白い。

「バケモノのような得点!」

ちょっと待て。字義通りだとケモノ
だけで、バケモノではないのか…。
シャレになってしまった。

でも意訳するとバケモノもありかなと。

◇◇◇

で、後段の父がうんたら、のところですが。

… after the heartache of losing his dad
midway through last season,
when he was at Sheffield United.

Che Adams back on track after tragic death of his dad last season
CHE ADAMS has revealed how he lost his way last season after the death of his dad. But those dark days are now finally behind him as the Birmingham forward drea...

チェ・アダムスがシェフィールドUに在籍
しているとき、父を亡くしたとのこと。

果たして、父がブレイズファンだったのか?
それとも、所属したチームを「父なるチーム」
と呼んでいるのか?

いろいろググっては見たのですが、
上の記事よりほかは発見できませんでした。

ま、次行ってみましょ~。

タイトルとURLをコピーしました