第32節 サウザンプトン 3-1 クリスタル・パレス【イングス2発】

スポンサーリンク

南野は先発も輝けず

ベンテケの先制点、イングスの同点弾とも
浮き球を巧みなコントロールで
フィニッシュに持ち込んだもの。

何気に2点目のチェ・アダムスによる
アウトサイドでのプッシュが凄いなと。

とてつもなく狭いところを、
滑り込みながら正確に押し込む。

アダムスは3点目のやさしいアシスト
といい、チームに大貢献。

かたや先発の南野さんは
またしても鳴かず。

衰えがみられるイングスの後釜、
と思いきやイングスもこの活躍だし。
来期の南野はどうなるのっ!?

英語実況分析:Tame Penalty

ミリボイエビッチがPKを外したところ:

Easily saved by Foster who went the right way.
It was a tame penalty,
and forced to [be] sprang to his left.

tame には
「おとなしい、飼いならされた」という
お馴染みの意味に加え、「精彩を欠く、
力ない」という意味もあります。

最後の「to sprang」は文法的にはヘン。
spring の過去分詞なので、
to be sprang などでないと、繋がりません。

タイトルとURLをコピーしました