第6節 サウザンプトン 2-0 エヴァートン【首位が力負け】

スポンサーリンク

快進撃、止まる

日曜深夜、
眠い目をこすって見ていました。

エヴァートンの攻勢らしい攻勢は
前半早々だけで、あとはセインツに
完全に封じ込まれた感じ。

やはりリシャルリソン軍曹の
抜けた穴が大きい!

前節、それほど危険なタックル
ではなかったと記憶するが、それでも
3試合出場停止だなんて…。

代役のイウォビはその任を果たせず。
とにかく判断が遅いし、
「この機に目立ってやる」
というようなプレイの連続。

前半で交代です。

俺ちゃん
俺ちゃん

しかし途中交代のベルナルジも
ゴードンも、何にもできんかったなぁ。

プレスをいなし続けるセインツ

それにしてもセインツの
選手間の距離とチームプレイは
見事の一語でした。

エヴァートンが
ゲーゲンプレス状態で来ても
ポンポンと交わしていく。

決定的な2点目も、
エヴァートンの前線での深追いを
逆手に取ったもの。

結果論ですが、右DFゴッドフレイが
追い過ぎました。

その背後を取ってサイドに流れた
イングス。ファーを見ながら、
うまく時間を使って絶妙センタリング。

これをノーマークの
チェ・アダムスが沈める。

先制点とあわせ、イングスは
巧みな2アシスト!

◇◇◇

その後はまさにエヴァートン無残の図。
ディーニュ退場(これこそ5試合くらい
出場停止すべきレベル)、
ハメスは肉離れ気味。

もう反抗すらさせてもらえない状態。
完敗で快進撃がストップです。

英語実況分析:Layoff

この動画では1か所だけ。
最初のシグルズソンのミドル
(クロスバーにヒット)に至るシーン:

Iwobi, with the layoff for James Rodriguez.

layoff で「一時帰休解雇」ではなく、
「ボールを手離すこと」の意味。

これはブログ2年目で初の用法でした。

 

では、Have a premium Monday!!

タイトルとURLをコピーしました