第7節 トテナム 2-1 ブライトン【ランプティ初弾】

スポンサーリンク

勝てない中の光明

良いチームなのに、またしても
負けてしまったブライトン。

しかし、後半11分の同点弾は見事ですね!

ファウル疑いでスパーズが足を止める
格好のなか、左サイドの反町さんから
中央グロス、そしてスルーが
右サイドのランプティへ!

俺ちゃん
俺ちゃん

形だけ見ると
まるでリバポの攻撃じゃん!

ランプティの丁寧なサイドキック弾も素敵。
プレミアでの初得点、初々しいなぁ。

◇◇◇

後半28分、途中交代してた
ベイルのヘッド弾でスパーズが勝ち越し。

ズバリのヘッドだけれど、
あのどフリー状態、なんとかならんの?

この辺りが、詰めの甘い
今期のブライトンを象徴しているようです。

英語実況分析:ナゾ語Scrat

動画冒頭、ケインがPK獲得するシーン:

Ah, then … Cane’s scratted into…

何度聞いても「scrat」に聞こえます。

これで正しいとすると、古語で
もともとは「scratch」と同じだそうな。

scratの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書
scratの意味や使い方 発音語源 1From Middle English scratten. Origin uncertain; apparently related to Swedish kratta (“to rake... - 約1174万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。

実況でこんな古語を使うのか…と
正直、疑惑も残りますが、
この単語以外に聞こえないのも確か。

ナゾ語として措いておきます。

◇◇◇

あとは難しいところなさそうです。

ベイルの得点は「7年ぶりだ!」と
言ってますね。

ファンは観客席で見たかったことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました