第26節 トテナム 4-0 バーンリー【ベイル劇場】

スポンサーリンク

強力3トップがいきなり復活!

ソンが黒子役として支え、
ベイルとケインが叩き込む!

個人的には、特に2点目の
ベイルからのロングパスを
こともなげに決めきるケインに驚愕!

「こともなげ」といえば
4点目のベイルのポスト直撃
カーリー弾も素敵ですな。

そして3点目をゲットした
ルーカス・モウラも好調をキープ。

◇◇◇

スタッツを見たらバーンリーも
悪くなさそうだったのですが、
相手の決定力が高すぎですね。

リーグは4試合無敗で立て直しに
かかってましたが、今回は惨敗。

英語実況分析:Front Three

2点目直後のところ:

This has been a blistering start from Spurs!

以前も出てきた「水ぶくれが
できるようなスタート」=
「勢いのある出だし!」
みたいな意味です。

前3枚のことをFront three
言っている点もチェックしておきます。

タイトルとURLをコピーしました