第20節 トテナム 1-3 リヴァプール【優勝戦線から大後退】

スポンサーリンク

ある意味、ケチャドバな展開

DAZNハイライトでは
前半からの展開が濃密に出てました。

打てども打てども、
見事に崩せども入らない前半。

しかし最後のロスタイムに
フィルミーノが押し込むだけの
ラストパスが出てきて、
これで均衡破れる。

そこからはケチャドバ、で
終わってみれば1-3。

スパーズはホイビュルクの
スーパー・スライス弾が
見事すぎるだけに、
あとちょっとの差が残念でした。

一時は首位だったのに、
ずるずると中位力が…。

英語実況分析:Hesitancy

A・アーノルドの勝ち越し弾のところ:

Mane, well turned away by Lloris,
but thumped in by Alexander-Arnold!

両方とも頻出語ですね。

thump は殴る、打ちつける。

◇◇◇

リバポの勝ち越し弾のところ:

One moment of hesitancy
was punched upon by Sadio Mane

hesitation もあるけどこちらもOK。
ためらい、優柔不断。

 

では、Have a premium weekend!

タイトルとURLをコピーしました