第3節 トテナム 1-1 ニューカッスル【92分にVAR-PK】

スポンサーリンク

サッカーの神がイジワルし放題

いや~、またですよ!
ロスタイムドラマ。

しかもこの試合は、
攻め込みっぱなしだったスパーズが、
ソン・フンミンの Woodwork 2度当て
などで追加点を奪えずに迎えた最終盤。

なんと最後のアディショナルタイム92分に、
ダイヤ―が痛恨ハンドでPKを与えてしまう。

交代で入ったキャロルが
パワープレイで効きまくり、
最後はハンドを引き出しました。

いま枠内シュートのスタッツ見たら、
スパーズ「12」対ニューカッスル「1」ですぜ!

前節のアーセナルVSウエストハムとか、
サウザンプトンVSスパーズとかで
ガッカリしてはいられない、ってことね。

試合の内容とは無関係に
得点は決まり勝負はつくのであった。

 

英語実況分析

スパーズ公式:Perfly

上はスパーズ公式。
ヴァーディ―の見事な折り返しが
ファーまで流れた先制点のところ:

It’s a perfly weighted low ball to the back post.

明らかに「perfly」と発音している。
調べたが辞書エントリとしては出てこない…。
意味的にはperfectly なのだろうと推測つくのだが!

2度、3度と検索キーワードを変えて、
ようやく尻尾を掴みました。

“You’re saying I’m stupid, aren’t you, Roy?
I know perfly, perfectly well where the dummy is – …”

The Leaky Establishment, by David Langford

意味が書いていないので
確証とは言えませんが、
上ではperfly をperfectly と言い換えている
と読めます。

100%ではないけど、上の推測でよしとします。

スポンサーリンク

ニューカッスル公式:One Apiece

で、ふだんは片方のチームの
公式動画があれば十分なのですが…。

たまたまニューカッスルの方もチェックしたら、
見逃せないニューワードが出現!!

Callum Wilson held his nerve and makes it one apiece.

Jose Mourinho storms off down the tunnel.

hold one’s nerve で「ずぶとさを保つ」。

次の「one apiece」が重要語!
それぞれ1(ずつ)、つまり1点どうしの同点
っていうこと。

Football Language: One apiece - Languagecaster.com
What's the meaning of the football phrase 'one apiece'?

最初は聞き間違えかと思っちゃいました。
調べてみるものですね~。

◇◇◇

それにしても、おかんむりのモウリーニョが
トンネルを去っていくシーン。
まぁ、彼の気持ちは分かるね(笑)。

タイトルとURLをコピーしました