■見なきゃ大損■第5節 トテナム 3-3 ウェストハム【極上ドラマ弾】

スポンサーリンク

最終プレイがウルトラ・ゴラッソ!

いやね。日曜日の深夜0時を過ぎて
(つまり日付はもう月曜日ね)、
前半の早々に2-0になったところで
耐えられず、寝ちゃったんですよ。

そりゃ、その前の2試合をほぼ
フルで見てたんだし、
翌日に仕事もありゃ、当然ですよね。

で、朝起きて、DAZNフルタイムにて
ずずーっと後半45分あたりに
スライダーを動かした。

スコア「3-2」と出てた。

俺ちゃん
俺ちゃん

ふんふん、
あれからウエストハムも
かなり頑張ったんだな~。
でも、やっぱり負けたか~

…と思ったら!!

 

こんなドラマを、生きてみたい。
ベンチにいただけで心臓発作を起こし、
そのままオッちんでしまいそうだが。

◇◇◇

ソン・フンミン(前半1分)
ハリー・ケーン(前半8分)
ハリー・ケーン(前半16分)

うってかわって
後半の最後の数分間:

ファビアン・バルブエナ(後半37分)
オウンゴール(後半40分)
マヌエル・ランツィーニ(後半49分)!!!

プレミアリーグの歴史に
珍記録として100年くらいは残りそうだ!

なお、すっかり陰に隠れて
しまいましたが、
移籍したベイルが
後半27分から出場しました。

モイーズ交替策がズバリ

前半、ウエストハムの「5-4-1」
システムで「5と4」の間が空き、
そこをソンやケインに自由に
使われてしまった。

後半になってサイドを上げ、さらに
間のスペースを埋める傾向にして
改善した感じでしたが、
60分からはまた同じような形で
ピンチの連続。

しかーし!

そこからのモイモイ用兵がズバリ。

  • ランシーニ:劇的同点弾。
    アウトフロントであの弾道!
  • ヤルモレンコ:2点目のお膳立てスルー。
    そして、ロスタイムのベイルによる
    超・決定機(!)では猛然と戻り、
    反則スレスレの「腕押し」でミスを誘う。
  • 後半45分交代のスノッドグラス
    身体を張って最後のFKをゲット!

とくにヤルモ兄さんの貢献は、
フルタイムでじっくり見ないと
わからないが、味わい深いです。

英語実況分析:Hold On

3-1となる追撃弾のところ:

And has it come too late
to prompt the reality
of revival here for West Ham.

倒置文になってますね。

「ここから現実的に追いつくには
ちょっと遅すぎるね」と意訳しておきます。

◇◇◇

しかし、2点目が決まったシーン:

Tottenham, from a position of comfort,
suddenly find themselves holding on !

hold on で「頑張る、耐える」なので、
「トテナムは安全圏にいたのに、
急に自分たちが耐えなければならない
立場になってしまった!」という意味。

◇◇◇

スパーズって第3節でも
土壇場で同点弾を食らっています。

第3節 トテナム 1-1 ニューカッスル【92分にVAR-PK】
攻め込みっぱなしだったスパーズが、ソン・フンミンの Woodwork 2度当てなどで追加点を奪えずに迎えた最終盤。なんと最後のアディショナルタイム92分に、ダイヤ―が痛恨ハンドでPKを与えてしまう。サッカーの神、イタズラしすぎです!

 

”鹿島れる”メンツと、
用兵策が必要なのでは?

ねえ、モウモウさん!

タイトルとURLをコピーしました