第26節 ウェストブロム 1-0 ブライトン【PK2回、木枠当て!】

スポンサーリンク

ゴール認定後にVARで取り消し

前半11分にCKから
ホームのウェストブロムが先制。

その後はブライトンが猛攻。
ポゼッション30対70、
シュートは6対15といった
ところでした。

しかしPKを2回も木枠(Woodwork
=あっ、シャレになっちゃったw)
に当てたら、サッカー神も
そっぽを向くよね。

FKからのマリーシア弾も、
結局はVARでオフサイド判定。

◇◇◇

ブライトンは残留圏からの
引力を感じるような敗北です。

英語実況分析:Bizarre

難しいところはなし、でした。

一点、VARで取り消しになる前の場面。

It’s a goal! Lewis Dunk celebrates.
That is a bizarre period of play.

bizarre「奇妙な」という意味。
割と中級レベルの単語かなと。

フランス語でも同じ語なので、
てっきりフラ語由来かと思いきや、
辞書によるとイタリア語bizzarro 
が元らしいです。

こちらは「zz」と綴るんですか。
ほほう~♪

タイトルとURLをコピーしました