第3節 ウェストブロム 3-3 チェルシー【ぼんやりチアゴ】

スポンサーリンク

ミスで2点を献上

前半、意外にも3-0としたウェストブロム。
マルコス・アロンソがヘッドで
中に返して掻っさらわれ、先制を許す。

そして言い訳のできないチアゴ・シウバの凡ミス。
試合勘がなかったにしても、
ぼんやりすぎたね。

CKからの3点目は、
ウエストブロムの練習のたまものか。

チェルシーは前半の大チャンスで
エイブラハムかヴェルナーが決めて入れば、
勝点3を持って帰れたんじゃないかなぁ。

スポンサーリンク

エイブラハムだけ予測した!

後半はチェルシーが3点返すという
大雑把な試合w

マウントのミドルはアウトフロントじゃなくて、
無回転キックがボールの左側に入った感じ。
シュート回転でゴールに飛び込む。

DFが陰になったのかもしれないけど、
GKジョンストーンは見切るの早すぎでは?
飛んでいれば、なんとかなった気がしないでもない。

◇◇◇

そして後半25分。
疲れたのか、ウエストブロムのDF陣が
ハドソン・オドイに3枚も飛び込んでしまう。
ハヴェルツとのワンツーで抜け出し、
追撃の2点目。

◇◇◇

そしてロスタイム3分の同点弾!
(今節はロスタイムのドラマが続くなぁ~)

味方のシュートモーションに対し、
一人だけ反応して抜け出した
エイブラハム。

そこにちゃんとボールがこぼれてくるから
面白い。
これは単なるごっつあんゴールではない!

しかし試合はここまで。
大型補強したはずのチェルシーが、
昇格組にも勝点を与えてしまった一戦となりました。

 

英語実況分析:Down を使えるか?

2点目、ハドソン・オドイの同点シーン:

Superb goal, beautifully created, majestically finished.

これは今まで聞いたことないなw
「荘厳な、雄大な」フィニッシュ、か…。
なんて訳すのが最適ですかね。

難問ですが、「威風堂々たるフィニッシュ!」
にしとくかな。
対案求む!

◇◇◇

そして最後の同点弾:

3-3!
Deep into stoppage time from 3-nil down.

このdown を使えるかどうかがネイティブと
(ほとんどの)非ネイティブの違いではないかと。

「3-0で負けている状況から」
という意味なのでしょう。

 

大補強のチェルシーが足踏み。
これだからフットボールは面白い!

タイトルとURLをコピーしました