第1節 ウェストブロム 0-3 レスター【ヴァーディも2PKで開幕】

スポンサーリンク

前半、うまく行かないレスター

日曜日の夜、日本時間で22時からの試合。
眠気をこらえつつ、DAZNでフル視聴しました。

とくに前半は見どころが少ない、退屈な試合。
寝落ち寸前。

昇格組のウェストブロムが重心後ろ気味なのは
しょうがないですね。
でも、そもそも攻め手がない。

そしてレスターもお付き合い。
昨シーズンの機械仕掛けのような連動は皆無。

辛うじてバーンズがゴリゴリ・ドリブルで
シュートを放ったりするだけの前半でした。

 

移籍組カスターニュのヘッド

後半に目立ったのが、
4-1-4-1の右サイドバックに入った
ティモシー・カスターニュ。

先日の移籍情報では
「アタランタではレギュラーじゃなかったんじゃ?」
と書いてしまいましたが、バリバリ主力だったんですね。
大変失礼いたしました!

➡訂正済みです。
※なお、チルウェルの左サイドには
2番ジャスティンが入りました。

 

カスターニュは激しくアップダウンして
攻守に絡み、なんと後半11分の先制点は、
ゴール前まで入り込んだ彼のヘッド!

2番ジャスティン~26番プラートで
左サイドを崩し、右サイドバックが飛び込んで
ヘッドでゴールする。

まさに、インテルでやんちゃ時代の
「ナガト~モ!」みたいじゃないか。

 

サラー神を追う「開幕2PK」

試合はその後、攻め手のないウェストブロムが自壊。

やらずもがなのPKを2つも与えてしまい、
いずれもヴァーディに左隅に決められて、
勝負あり。

リーズは王者リバポを相手に大健闘したものの、
結果だけ見れば昇格組3チームはいずれも敗戦。

やはりプレミアの壁は高いようです。

 

英語実況分析:Cheeky「生意気な」

最初のPKのところ:

Customary cheeky celebration with Jeremy Vardy.

cheeky で「生意気な、ずうずうしい」といった意味ですが、
ここではもちろん、良い意味で使われていますね。

「お決まりの、『どうだ!』と言わんばかりの表情です」
程度の意訳が良いでしょうか。

 

そして昨シーズンも出てきた表現が!

And Leicester City have themselves a win in the bag
on the opening day of the Premier League season.

Podcast: 第23節「確実である」In the bag
第23節のハイライトを素材にしたPodcastです。行ってみましょう!premierskillsenglish.britishcouncil.orgIn the bag で「確実である」6つのキーワードは以下1) in t...

勝利はもうお買い物袋に入っている、というイメージ。

 

では、Have a premium week!!

タイトルとURLをコピーしました