第36節 ウェストブロム 1-2 リヴァプール【執念のアリソン・ヘッド!】

スポンサーリンク

EL圏内に浮上、CLも視野に!

朝起きて、先にスコアボードを見て
目が点になりました(笑)。

ドタバタで1-1の同点のまま、
リバポの追加点が入らず
迎えた最終盤。

最後のワンプレー。
左CKを決めたのはGKアリソン!

てか、その横で47番フィリップスも
どフリーだ…。

降格のウェストブロムが
最後に集中を欠いた格好か。

◇◇◇

リヴァプールはこれでEL圏内を固め、
あと2試合でCLも視野に入りました!

英語実況分析:Scruffy

前半、リバポの流れるような攻めについて:

It’s free-flowing.
It’s fluid, and the final shot is wide.

「(液体のように)流麗に」
ということでしょう。

◇◇◇

後半も立て続けにリバポの攻め!

A bit scruffy with the clearance.

scruffy みすぼらしい、だらしない

◇◇◇

そして最後の大団円:

A hero needed in red or maybe black.

これは当然、ユニフォームの色のことですね。
期待通りblack が決めました!

そしてアリソンのことを、「Brazilian stopper
と言ってます。

日本語だとストッパーは
(主に)センターバックのことを指すので、
ここは違いに注意が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました