第31節 ウェストブロム 3-0 サウザンプトン【逆転残留への勝点3】

スポンサーリンク

スタッツでは互角の勝負だったが…

セインツの公式動画ですが
チャンスはウェストブロムのばかり。

念のためスタッツを確認したら、
ポゼッション40対60、
シュート数では15対14
(枠内6対4)。

ほぼ互角といって良い展開。

それでもウェストブロムが
快勝したのは、やはり
逆転残留への執念ゆえでしょうか。

◇◇◇

一方のセインツはウォード・
プラウズがPKを外し
(珍しいんじゃないかな?)、
南野はベンチから動かず。

英語実況分析:At the Ground

ウェストブロム2点目のシーン:

…and Matt Phillips made it
at the ground at the back stick.

「at the ground」で
ちょっと引っかかりますが、
シュートシーンとしては、
ファーで滑り込みながらの
天井抜き、という格好。

よって、「ファーポスト際で、
滑り込みながら決めた!」
てな感じ。

タイトルとURLをコピーしました