第29節 ウェストハム 3-3 アーセナル【ドーソン2戦連続オウン】

スポンサーリンク

3-0からの熱い!ドロー決着

前半32分までで3-0にできた
ウェストハム。

とくに先制点のリンガード!!
浮かしトラップからのアウトフロント!

ですが、その後が崩れてしまう。

なんと2つのオウンゴール
(ソウチェク、ドーソン)。

ドーソンは前節に続いて
2連続オウンの憂き目。
まぁ、致し方ないボールだったな…。

◇◇◇

対するガナーズはラカゼットが
実質2得点。
ELへの希望を繋ぎました。

英語実況分析:Within Win

ハマーズの2点目、サカがFKを
与えてしまう:

Little nibblefrom behind
by Bukayo Saka.

アントニオをちょっと齧った、
つまり脚を掛けたという意味。

面白い表現です!

◇◇◇

アーセナルの2点目:

And Arsenal now are within win.

これ、調べたのですが成語としては
存在しないみたいです。

意味で取っていくしかなくて、
「まだ勝利は手の届くところに」
という意味かと。

とはいえ、まだ3-2の段階で
言うには早いなと、個人的には
ツッコミ入れたいw

タイトルとURLをコピーしました