■必見■第13節 ウェストハム 1-1 クリスタル・パレス【神オーバーヘッド】

スポンサーリンク

美麗オーバーヘッドはシーズン一度?

ベンテケがまた結果を出しました。
センタリングが来る直前に
23番ディオプのマークを
引きはがす動き。

巧みです!

ついでに退場にもなっちまいました。

手を広げて競る癖をやめないと…。

しかしこの試合最大のポイントは、
やはり同点弾のセバスチャン・ハラー。

美麗オーバーヘッド!

※ちなみに昨年度は第21節の、コレ一択!

■同点弾必見■第21節:ブライトン 1 - 1 チェルシー【超絶オーバーヘッド弾!】
右CK、こぼれ球をアスピリクエタがごっつあんして2020プレミア最初のゴール。DFは無理せず、GKに任しておけばよかったのに。ま、あのタイミングだと普通に反応するか…。しかし特筆すべきはブライトンの同点弾! 偶然にも同じ右CKから5番ダ...

◇◇◇

つまりは、1シーズンに
1回くらいしか、
こんな
完璧なオーバーヘッドは出ない

んじゃないかなぁ?

だとしたら、今年は13節で
もう赤玉。
これで終了です!w

英語実況分析:ナゾ語出現!

ベンテケが一枚目のイエローを
もらった0:18あたり:

[… a yellow card!]

To hended handed(※と聞こえる)
Benteke with that challenge on Ogbonna.

50%の速度で聞き直してみても
hended としか聞こえないのですが、
これだと「(古語)掴まれた」手の、
となって、意味が通りません。

いろいろ考えたのですが、
To head-into-handedかもな、と。
音声とは微妙に異なる気も
しますが、実況氏が驚速で言うと
こうなる…。(?)

俺ちゃん
俺ちゃん

これでよければ、
「頭に手をやった」ベンテケ、
しかし当たったのは腕だなぁ。

正直、ワカランチ会長。
ここはナゾ語として措いておきます。
(あとで「ナゾ語」とブログ
検索するとざさっと出てくるのだ~♪)

◇◇◇

そのベンテケの先制点:

And Benteke peeled away from his man!

また出ましたね、peel away
皮をむくように、引きはがす。

 

では、ナゾ語のせいでしっくり
来ませんが、夜も更けたし
安らかに寝ましょう…。

タイトルとURLをコピーしました