第31節 ウェストハム 3-2 レスター【リンガード&ボーウェン競演】

スポンサーリンク

絶妙なコンビネーションが続く

前節に続いて、
リンガードとボーウェンの
相思相愛感がたまりませんね。

2点目はボーウェンがオフサイド
のようにも見えますが…。

3点目はリンガードからつないで
最後はボーウェンが得点。

イヘアナチョの2得点で追撃する
レスターを交わしました。

◇◇◇

これでウェストハムはまたCL圏内!
ワクワクが止まりませんね。

英語実況分析:Understudy

リンガードの先制弾直後、

But they won’t forget him
if his goals fire them into Europe!

面白い表現です。
着火して打ち上げる感じですかね。
Europeはもちろん
CL(チャンピオンズリーグ)と
EL(ヨーロッパリーグ)のことでしょう。

◇◇◇

2点目直後:

This… could be happening!

仮定法過去の文脈で考えると
良さそうです。

「(例:もし夢ならば)こんなことも
起きてることだろうになぁ」

とはいえ、今回は
「実際に起きていること」なので、
ここではそれを逆手にとった
強調表現になっている、
と解釈します。

◇◇◇

イヘアナチョの得点で:

He’s no longer the understudy.

「代役、補欠」といった意味。

タイトルとURLをコピーしました