第6節 ウェストハム 1-1 マンチェスター・シティ【背負いオーバーヘッド!】

スポンサーリンク

かいしんのいちげき!

前半、ウェストハムに訪れた
唯一のチャンス。

右からクロスが入る。
背中越しに身体を抑え込まれていた
アントニオ
が、なんとオーバーヘッド!

GKエデルソンの意表を突く一撃が
ゴールに飛び込む。
これは年間・個人ゴラッソ候補が
また出てきてしまった。

正直、試合を通じてウェストハムの
チャンスらしいチャンスはこれだけ。

後半から投入のフォーデンに1点を
許しましたが、あとは必死の守備固め。

なんとか勝点1をもぎ取りました。
公式のMOMはフォーデンになってますが、
実際はウェストハムGKの
ファビアンスキが相応しいかと。

終了間際の大ピンチを2回も防ぎました。

英語実況分析:Shrivel

言っちゃ悪いけど、スター・ウォーズで
暗黒面に落ちた主人公みたいな、
厳しい表情をするフォーデン。

彼の笑顔を見たことがないよ。

そんなフォーデンの
華麗なるターンからの同点弾。
動画では1:05あたりから:

Nice touch gets a little bit lucky off the knee,
but he shrivels on it quickly.

Fabianski can’t get down.

shrivelって難しい動詞を使ってます。
意味としては「縮める、
しなびる(しなびさせる)」等。

ここでは「素早く身を縮めて
ボールを蹴った」意味になるでしょう。

◇◇◇

ウェストハムはしぶとい勝負を
続けてますね。
ビッグ6相手でも知力と気迫で戦える
という自信が出て来たのではないか?

次節も期待!

タイトルとURLをコピーしました