第4節 ウルヴス 1-0 フラム【ネト突き刺す!】

スポンサーリンク

最後のカマラは決めるべき

前半も、DFに囲まれた狭い局面で
強烈なシュートを放ってた7番ネト。

後半、こぼれ球を打ち抜きます。
相手DFのスライディングした
脚の間を通り、ゴールに突き刺さる。

◇◇◇

それにしても最後、
フラムの攻撃はファンタスティックじゃ
あ~りませんか!

19番アデモラ・ルックマンによる
素晴らしいキープ、局面打開、
そして倒れながらの最前線へのパス。

カマラが決めていたら、
年間のチームゴラッソ候補は
間違いないところでした。

「あれ決めてくれないなんて、
守備陣からしたらカマラないよ」
なんちて。

スポンサーリンク

英語実況分析:Ping

ささやき気味な高速実況、
いちばん嫌なやつやw

フラムのシュートが防がれたシーン(0:28)

It’s a good burst into the box.

burst into laughter は受験英語でもおなじみ。
ここでは「ボックスに突入する」
てな感じでしょうか。

◇◇◇

2:00あたり

[Max Le Marchand] … pings it down the middle.

辞書を見ると「バシッ」としか
書いていないという、潔すぎるエントリw

IT分野で、サーバの生存状況をみたり
通信状況を知るために「Ping送信」てのが
あるのですが、それにイメージが近い。

「バシッと(信号を)送り込んだ」、
くらいのイメージでしょうか。

 

では、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました