第25節 ウルヴス 1-0 リーズ【筋肉男のOG誘発弾】

スポンサーリンク

記録上はメリエのオウンゴール

おおっと!
久しぶりに来てくれました。

本家「虎、俺。」さんの強烈弾が
ゴール角あたりに当たり、
GKメリエの頭に跳ね返って
オウンゴール。

俺ちゃんが前節、
びっくりこいた虎さんのドリブルと、
コース取りがほぼ一緒だ~。

先日、虎さんのふくらはぎの筋肉
アップ写真にネットがざわついてた
ようですが、その筋肉の強さをゴール
(につながる強烈弾!)
という形で見せてくれました。

◇◇◇

そして守備はルイ・パトリシオ!
大ピンチを3~4回は
ストップしてたかな。

英語実況分析:May Well

虎さんのドリブルのところ:

For the first time he’s got him behind Ayling.

これはDF2番のアイリング
(実況氏はエイリングと発音)
の「背後に初めて進出した」と
いった意味。

◇◇◇

そしてボールはゴールイン!

There is a massive stroke of luck,
and it may well go down.
There’s an own goal of the goalkeeper.

Traore’s strike rattled back
off the woodwork,
hit the back of Meslier
and rebounded into the net.

a stroke of~ はこれまでも
出てきました。
「大きな一撃」のこと。

オレンジにした部分が不明です。
ふつうはit でボールのこと

「ボールがゴールインするのも尤もだ
(そのくらいツキがあった)」
と解釈しておきます!

主語がhe ないしthey ならば、
メリエないしリーズのメンバーが
意気消沈したのも尤もだ、とか
解釈もできそうですが、さすがに
主語を軸に考えないと、と。

タイトルとURLをコピーしました