第23節 ウルヴス 0-0 レスター【タルタル・ヘアー】

スポンサーリンク

ヴァーディが最後に持っていきそうな展開だったが…

良いシーンがたくさんあったのに
最後のところが決まらない。

とくに、7番ネトがドリブルで
左サイドを切り裂いて、
トラオレの決定機を演出したところ。

かたや、後半のファビオ・シルバの
シュート。
そして最後にはヴァーディのヘッド。

結局、印象に残ったのは
トラオレさんの「焦げた唐揚げに
タルタルソースをぶわっと掛けた」
みたいなヘアスタイルだけ…(笑)。

あれは、一部ブロンドにしたソバージュを、
編み上げているんですかね?

英語実況分析:Craft a Chance

後半、バーンズのシュートをブロック:

It’s gonna set up for Barns,
and that’s an important block
by Max Kilman.

CC機能でsit と出るのですが、
これはさすがにおかしい。
音としては微妙ですが、意味からして
set up しかないでしょうね。

◇◇◇

最後のヴァーディ・ヘッド:

What a chance for Leicester!
Best one they’ve crafted really.

クラフトビール、でおなじみの動詞。
手塩にかけて作る、といった意味。

タイトルとURLをコピーしました