第2節 ウルヴス 1-3 マンチェスター・シティ【今年は力負け】

スポンサーリンク

昨シーズンはドラマな2試合

昨シーズンのこのカードは、
2試合とも、ものすごい試合でしたね。

■大金星■第8節:マンチェスター・シティ 0-2 ウルヴス【虎のふた噛み!】
ゲーッ! 予想もできない大金星!ウルヴスは1部リーグの敵地でシティを撃破したのが40年ぶりなんだそうだ。 オタメンディがDFの穴となっていたシティ。そこを突いてヒメネス➡トラオレ、で2得点! アウェイサポ席、大熱狂。実況は大絶叫w
■胸アツ■第19節:ウルヴス 3 - 2 マンチェスター・シティ【10人で2点取ったが…】
虎さん1G1Aの大逆転劇  何が胸アツって、「虎、俺。」さんの「脚を振り切るシュート」で ゴールゲットしたシーンですな (2点取られた後の、追撃の狼煙弾になります)。 同点弾も、虎さんの強引なボール奪取でほぼ決まった感じ。 前...

いずれもウルヴスが勝利。

はたして、新シーズンはいかに?

 

攻められないウルヴス

前半32分のシティ追加点の時点まで
生放送で見ていましたが、
ウルヴスはさすがに厳しかったですね。

ドハティ、ジョッタの2枚看板を引き抜かれては
チームに推進力がありません

開幕節は勝利もしたし、
粗も目立ちませんでしたが、
シティ相手となっては力の差が明らかでした。

「虎、俺。」(=トラオレ)さんも、
前で収めてもらえないので
前線にほとんど出てこられなかった印象。

ただし、後半の15分ころまでは決定機を
何回か演出していました。
ポデンス、ヒメネスが決めていれば。

◇◇◇

さて、シティはとくに2点目がお見事。

ボランチの位置(つまり前から3列目)で
ロドリが縦に、2列目のフォーデンへ。

フォーデンからまた縦にジェズス(1列目)。
ジェズスはデブライネに戻し(2列目)、
今度はそこからスターリングの1列目へ
最後の縦スルーパス。

3つの縦パスが流れるように連続し、
ウルヴスDF陣は崩壊してしまいました。

終了間際にダメ押しを加え、
シティが快勝。

これで10シーズン連続で開幕戦を
勝利したシティ。
これはプレミア記録だそうです。

◇◇◇

そしてまた、別のプレミア新記録も達成。
先日予想した通り、今節はやはり最多得点数となりました。

プレミアリーグ第2節が19日から21日にかけて開催された。
各地でエキサイティングなゲームが繰り広げられ、
10試合で生まれたゴール数は44。
20チームによるプレミアリーグ史上最多得点記録
としてスペイン『マルカ』が紹介している。

「パーティーを続けよう」プレミアリーグで生まれた新記録に海外紙が驚き | ゲキサカ
 プレミアリーグ第2節が19日から21日にかけて開催された。各地でエキサイティングなゲームが繰り広げられ、10試合で生まれたゴール数は44。20チームによるプレミアリーグ史上最多得点記録としてスペイン『マルカ...
スポンサーリンク

動画は両チーム公式とも、どうぞ

最初のデブ神、縦回転FKは見逃せません。
GKルイ・パトリシオに防がれましたが、
縦にものすごい回転が掛かってます。

クリスティアーノ・ロナウド風。

 

いきなり先制PKのシーン。
デブ神がPKを奪取したシーンが割愛ですか!

しかし2点目のシーンは、
ロドリの縦パスから取り上げている点を高評価。

後半、ポデンスの2連続チャンスも
取り上げているので、こちらもチェック。

 

英語実況分析

シティ公式動画

冒頭、デブライネの縦回転FK:

It was wobbling in the air.

wobbleぐらぐらする、震える。
でも、あれは無回転ブレ球ではなかったよ?
実況さん。

◇◇◇

見事なパスワークで追加点を取った、
0:58あたり:

Everything about that move just oozed class and quality.

ooze って「(血や液体などが)どくどく流れ出る」
なのですが、辞書を調べると「発散する」という
エントリもありました。

class and quality は、類義語を重ねていて、
意味的には単に
「高い(サッカーの)品質を見せつけた!」
という感じかな。

ウルヴス公式動画

1点を返したところ、実況氏がコーフン!(1:38あたり)

Maybe, just maybe,
they’ve given themselves real hope
for a barnstorming finish.

barnstorming は、以前にPodcastで出てきました。
barnstorming run で「あちこち巡業➡独走ドリブル」
など、といった意味。

しかしこれでは上の意味が通じません。
辞書を丹念に追うと:

形容詞
1. highly theatrical (used especially of a performance)

「芝居じみた、劇的な」の意味。

よって、「ひょっとしてひょっとしたら、
ウルヴスの選手たちは劇的勝利へ向けた
希望を得たのかもしれない!」
みたいな感じかな。

◇◇◇

ふ~。
大変、お疲れ様でした!

それにしてもウルヴスは今後ちょっと心配だなぁ…
と、思ったら!

ポルトガル代表DFネルソン・セメド(バルセロナ)
が移籍加入、とのニュース
が飛び込んで参りました!

 

なんか毎日ニュースありすぎだろ、プレミアw

タイトルとURLをコピーしました