2020-09

スポンサーリンク
2020-21シーズン

【移籍情報】シティにルーベン・ディアスが加入

23歳のディアスが、オタメンディと入れ替わる格好でシティに移籍。6年間の長期契約で、移籍金などは非公表。(for an undisclosed fee)
2020-21シーズン

第3節 リヴァプール 3-1 アーセナル【力の差、歴然】

ワンチャンスで先制を許したリバポでしたが、同点弾は3分後。ファン・ダイクから右のA・アーノルドへ、そしてアーノルドからケイタへの縦パス、と大きな展開。正確無比のパス精度。サラーのシュートから、最後はマネがごっつあんです。
2020-21シーズン

第3節 フラム 0-3 アストン・ヴィラ【2人目の虎あらわる】

後半39分に途中投入されたのは、なんと「ベルトラン・トラオレ」。今季、リヨンから移籍。この試合の直前に行われたリーグカップ(ブリストル・シティー戦)で初先発し、チーム2点目のゴールを決めてます。いよいよ2人の虎が並び立つ時代に!
2020-21シーズン

第3節 ウェストハム 4-0 ウルヴス【スペース使う騎兵隊】

前半17分の先制点。マリーシアで素早いリスタート。20番ボーウェンによるアウトでのカットインから素早い振りの左足シュートはお見事。ボーウェンは今年1月にハル・シティから移籍の23歳。 その後も3点を追加してハマーズが快勝!
2020-21シーズン

第3節 マンチェスター・シティ 2-5 レスター【ヴァーディ帽】

全7ゴールのうち、実に3つがゴラッソ。先制のマフレズ、重箱の隅をつつくストレート弾。ヴァーディの2点目(軸裏を通すインサイドショット!)。そして何よりチーム4点目のマディソン! バーンズ&ティーレマンスが攻撃を牽引したレスターが快勝。
2020-21シーズン

第3節 トテナム 1-1 ニューカッスル【92分にVAR-PK】

攻め込みっぱなしだったスパーズが、ソン・フンミンの Woodwork 2度当てなどで追加点を奪えずに迎えた最終盤。なんと最後のアディショナルタイム92分に、ダイヤ―が痛恨ハンドでPKを与えてしまう。サッカーの神、イタズラしすぎです!
2020-21シーズン

第3節 シェフィールドU 0-1 リーズ【叩きつけヘッド】

リーズのGKイラン・メリエは20歳。対するシェフィールドのGK アーロン・ラムズデールも22歳! 若い2人が鬼のファインセーブを連発。 試合は終了間際の後半43分、左からのセンタリング。バンフォードが地面に叩きつけるヘッド弾!
2020-21シーズン

第3節 バーンリー 0-1 サウザンプトン【ウッド兄貴奮闘も…】

前節に続き、またもカイル・ウォーカー=ピータースの絶妙な縦パス! チェ・アダムス経由でイングスが決め、これが決勝点。 セインツは前節の悲しい展開を 忘れることができそうな1勝となってます。逆にバーンリーは連敗で、暫定ですが最下位争い。
2020-21シーズン

第3節 ウェストブロム 3-3 チェルシー【ぼんやりチアゴ】

前半、意外にも3-0としたウェストブロム。 マルコス・アロンソがヘッドで中に返し掻っさらわれ、先制を許す。そしてチアゴ・シウバの凡ミス。 そんなチェルシーが後半は3点返すという、大雑把な試合w ロスタイムのエイブラハム弾でなんとか勝点1。
2020-21シーズン

第3節 クリスタル・パレス 1-2 エヴァートン【ハメス右足】

中堅どころ同士の肉弾戦。といった感じで、プレミアらしい、いい試合。しかし1点差のスコア以上に、エヴァートンの強さが目立ちました。とくにハメス・ロドリゲスの鬼キープと、アンドレ・ゴメスの組み立てがお見事。先制点は極上の崩しからまたもDCL!
2020-21シーズン

第3節 ブライトン 2-3 マンチェスター・ユナイテッド【痛恨】

試合を通じて素晴らしい攻防の連続。最後、ロスタイム5分があまりに劇的で、見ていただけなのに疲れました。 95分にブライトンが執念の同点弾。しかし、試合終了後にVARでPK判定。これを決めてユナイテッドが勝ち越し、今度は本当の試合終了!
Podcastで自習

Flick On「ボールの方向を変える」

Flick は「ぴしゃっと打つ、指で撥ね飛ばす」といった意味が基本。 フットボールでは頭や足先などでは「ボールの方向をくいっと変える」意味ですね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました