第4節 ブレントフォード 0-1 ブライトン【トロ劇的弾!】

スポンサーリンク

仕掛人はまたもマックアリスター

PL Highlights: Brentford 0 Albion 1
Leandro Trossard hits a late winner at Brentford to make it three wins from four games for the Seagulls.

ハイライトでここ数試合を見ている限りですが、
ブレントフォードはカウンターが切れ味鋭いね。

今節ももう少しでゴールできそうなのに。
あとはシュートの練習だけか。

◇◇◇

ロスタイム直前に、トロちゃん弾が炸裂!
仕掛けたのは10番マックアリスター。
この人、今年は序盤から目立ってるね。

スローインからするするとワンツー。
ブレントフォードからしたら、
そこを抑えられないままトロに渡されてしまった。

DFをずらしてすぐ打った
トロちゃんのカーリー弾。
お見事の一語だ!

英語実況分析:Bees

And there’s a sting in the tail for the Bees!

決勝点のシーンなのですが、
The Bees はブレントフォードの愛称。
これはいいとして。

その直前の「in the tail」がナゾだ
文字通りだと、「(Beesの)尻尾に
刺した一刺し」なんだけど、
なんか動物的には逆な気もするし…。

tail には「おしまい、どん詰まり」
意味もあるので、これだと意味は通る。

しかしその場合、成句として
辞書にあるのはat the tail なんだよね。

ちょっとナゾ語ですが、ロスタイム直前という
状況を踏まえて、後者のように理解しておきます。

タイトルとURLをコピーしました