第3節 リヴァプール 1-1 チェルシー【痛み分けドロー】

スポンサーリンク

リース・ジェームズの掻き出しハンド

前半終了まで生DAZNで見てましたが、
この2チームが今シーズンを引っ張るんだなと。
(その後、急にマンUにクリロナ復活で、
また翌週の第4節で図式が変わったんだけど…!)

上質のフットボールでした!
パススピードも速いし、パスが小気味よい。
(日本代表の最終予選は目に毒だ。)

◇◇◇

上のハイライト動画、解説氏が
リース・ジェームズのハンドを素早く
見抜いてるなぁ。

俺ちゃんは横からのスロー動画で
ああ…、と分かったくらい。

後半のサラーのアウトフロント・
センタリングも壮絶ですな!!

英語実況分析:On the Charge

Alexander-Arnold, on the charge.

charge は名詞でいろいろな意味がありますが、
ここは「担当、義務」といったラインで
考えればいいんでしょうね。

つまり「A・アーノルドがボールを保持!
程度の意味ですね。

タイトルとURLをコピーしました