第4節 マンチェスター・ユナイテッド 4-1 ニューカッスル【36歳で第2幕、開演!】

スポンサーリンク

まさに千両役者よのう…

移籍してすぐ出てクリロナ弾、
凄いですね。
ごっつあんですが反応が速い。

先制弾のところでシュートを打ったのは
絶好調11番グリーンウッドであることも
お忘れなく!

凄いのはクリロナ2点目ですね。
スルーパスを受けるためのダッシュ、
受けた後の上体のブレがまったくなく
フィニッシュへ!

現代サッカーの千両役者といえば
もうクリロナでしょうね(メッシはまだか?)

◇◇◇

そしてブル・フェルの落ちる魔球弾も
特筆すべきなんですけど、それに並んで
個人的にはリンガードの4点目に刮目!

ポグバの華麗アウト・ターンパスから。
リンガードもアウトで交わしてから
フィニッシュ。

代表戦でも2ゴール、最高の状態ですね!

英語実況分析:ナゾ語Cue Stew??

I think that lost call right on cue stew[?].
と、YTのCC機能で出るのですが、
I think that was [a?] call right on cue stew[?].
かもしれない。

クリロナ2点目の解説氏なんですが、ナゾ語だ。

right on cue で「ちょうどいいタイミングの」
の意味なんだけど。その後が分からん…。

シチューじゃ、意味わからんな。
call もどういう意味だか。
クリロナの召喚という意味なのか。

全体をナゾ語として棚上げしておきます。

タイトルとURLをコピーしました