【2020/21シーズン】プレミアリーグ実況英語:Basic 50 単語集(前半)

スポンサーリンク

お疲れ様です!
このブログの筆者「うざきよ」でございます。

昨年、「プレミアリーグの動画に出てくる高速実況を
リスニングできるようになりたいな」とブログを開始したのですが、
はじめはプレミア用語をほとんど知らず、たいへん苦労しました。

結局、全380試合のハイライト動画を見まくり、辞書を調べまくり、
約500記事を書きまくりました。
この過程で得たオリジナルの単語リストが、いまや200を超えています。

そして新たに迎える2020/21シーズン。

これから「プレミアリーグの英語リスニングにチャレンジしたい」、
そう考える同好の士にお贈りする「Basic 50」単語集を作ってみました!!

ざっと頭に入れたら、昨シーズンのものでも、チャンピオンズリーグ
の実況でもいいので、YouTubeで試合を見てみましょう。
「あっ、あの単語だ!」と聞き取れるものがきっとあるはずです。

では、行ってみましょう~♪

➡単語集「後半」はこちら!

ピッチに関する語

  1. six yard box
    「ゴールエリア」。GKからみた縦の長さが6ヤード(約5.5m)であることによる。
  2. the D
    いわゆる「ペナルティ・アーク」。形がDの文字に似ていることから。
  3. woodwork
    「木でできた製品」、転じてゴールの枠(ポストとクロスバー)のこと。個人的に大好きな語で、いつも実況でこの語が出てくるとニンマリしてしまいます。
  4. onion bag
    頻度は高くないですが、たまに出てくるオモシロ表現。玉ねぎの袋に似た「ゴールネット」のこと。in the onion bag で「ゴールに入っている」という意味です。
  5. back post
    またはback stick とも。話題にしているプレイヤーやボールの位置からみた「ファー側のポスト」のこと。
  6. spot kick
    spot はほとんどの場合、ペナルティー・スポットのこと。よってspot kick でPKの意味。
  7. deep
    形容詞で「奥まで(飛んでいる)」意味。つまりファーまで飛んでいる。これは空間的な意味でのdeep の用例。例文:His right-footed ball is deep.
    時間的用例として「38. Deep into (the) added time」も参照のこと。
スポンサーリンク

攻撃に関する語

  1. it
    「それ」だけでボールのこと(!)。前振りなくても代名詞でit と出てくるので、文法的にはおかしい。ですが、それだけ無前提でもボールを蹴るのがサッカー、ってことですね。
  2. thread
    名詞だと「糸、細いもの」ですが、ここでは動詞で「糸でつなぐ=パスを通す」意味。
  3. square
    特にゴール前の部分で横パスを出す(センタリング等)の時にこの動詞が使われます。進行方向に対して直角方向へのパスだからでしょうか。
    なお、今回リストには掲載していませんが、「all square」というと「同点」のこと。ややこしいなぁw
  4. weighted pass
    これはBasic 50に入れるにはちょっと難易度が高いのですが、知ると知らぬとでは大違いなので、あえて入れております。
    「距離やスピードを調整して、スペースに出したパス」のこと。 
  5. teasing delivery
    「いじめをするようなボールのお届け」➡DFにとっての「嫌らしいセンタリングやパス」のこと。
  6. whip in (またはoverほか)
    whip で「むちでピシッと打つ」。よって、whip in で「バシッとセンタリングを蹴りこむ」。
  7. tee up
    こちらはもともとゴルフ用語。第一打で打ちやすくするため「ティーを使う」ところから。味方が打ちやすいようにお膳立てして、アシストすることですね。
    実況では思ったよりも出てきます。ゴルフが趣味の実況氏が多いのかな?
  8. convert
    方向を変える。よって「センタリングの方向を変えてシュートする」意味で多く使われます。
  9. curler
    巻き巻きシュート。俺ちゃん的には、「2019/20シーズン最高のカーラー・ゴラッソ」はグリーリッシュ弾。必見ですよ?
    ■先制点必見■第14節:マンチェスター・ユナイテッド 2 - 2 アストン・ヴィラ【グリ・ゴラッソ!】
    前半11分、ものすごいゴラッソが決まりました。グリちゃんことグリーリシュの巻き巻きシュートが、驚愕のシュートモーション、コース、速度でゴール右上隅に飛び込む! デ・ヘアも見送るしかない。 これは見ないとソンソン♪
  10. clinical
    「冷静な」の意味。臨床の、臨床研究の、というところから派生した意味でしょうかね。フットボール用語としては、シュートの際に使われます。
  11. 動詞 + home
    副詞として用いられた場合の「home」は「ゴールに(入った)」という意味。drive it home, poach it home, tap it home など多数の用法があります。
  12. rattle
    「ガタガタ言わせる、強振させる」。He’s rattled the crossbar! といった感じで使われます。
  13. go wide
    動詞に副詞wide がつくと、「シュートが横に外れる」ことを意味します。
  14. miscue
    こちらはビリヤード用語。cue でビリヤードを打つことなので、それをmis-「ミスする」意味です。
  15. sidefoot
    インサイドキックをすることをこう言います。逆にインサイドキックのことを英語で「inside」等と言っている事例は、寡聞にして俺ちゃんは知りません。こちらは日本のサッカー用語と異なり、プレイヤーの位置や役割を指す語なのでしょう。
  16. nutmeg
    これ、面白い。「股抜き」の意味。ググっていろいろ調べたのですが「語源不明」らしい。でも、つらつら考えてた俺ちゃんには推理できましたよ~。
    ナツメグの形って股間のボール(2個あるやつねw)に似ているんですよ。よって、股間を通して「チン♪」となる連想から、下ネタ好きのオジサンたちが股抜きを「ナツメグ」と呼んだのではないか…「ナゾは解けた!」

➡「後半」に続きます!

タイトルとURLをコピーしました