サウザンプトン

スポンサーリンク
2019/20シーズン

第38節:サウザンプトン 3-1 シェフィールドU【こぼれ球とPKと】

先に見たシティ戦、リバポ戦のゴラッソ群から比べたら、こぼれ球を詰めたのとPKとで決着…。 という、あんまり盛り上がらない展開。

2019/20シーズン

第37節:ボーンマウス 0-2 サウザンプトン【ほぼ降格決定】

状況は若干異なりますが、2得点とも、やや密集の中で「交わして、右足ズドン」がサイドネットに収まるという、似たような展開でした。 この結果、ボーンマウスはほぼ降格決定となってしまいました。
2019/20シーズン

第36節:サウザンプトン 1-1 ブライトン【眠いスタート】

モペー弾で先制したブライトン。 同点弾をイングスに決められてしまいましたが、貴重な勝点1を追加。 残り2試合を考えると、ほぼ残留を決めたといってもいいでしょう。
2019/20シーズン

第35節:マンチェスター・ユナイテッド 2-2 サウザンプトン【ロスタイム被弾】

再開後は絶好調で飛ばしてきたユナイテッド。この試合も勝ってCL圏に食い込むだろう、と思っていたのですが…。 後半51分、左CKからヘッドでフリック、倒れこみながらも負けなかったオバフェミがアウトサイドで合わせ、歓喜の同点弾。
2019/20シーズン

第34節:エヴァートン 1-1 サウザンプトン【イングス後ろ足】

先制点のダニー・イングスによる 「後ろ足トラップ」が面白い!身体の後ろを通ってボールが流れていきそうなところ、右足のヒール辺りにあてて左足前にトラップしてます。まるでストリートサッカーの足技のようだ!
2019/20シーズン

第33節:サウザンプトン 1-0 マンチェスター・シティ【皆の手をポンプへ】

前半16分。ミスからロビングシュートを叩き込まれ、意外にもシティが失点。 カーブが掛かりながらGKの頭上を抜き、うまくゴールに収まりました。10番チェ・アダムス。その後はGKマッカーシーとDF陣がファインセーブで止めまくる!
2019/20シーズン

第32節:ワトフォード 1-3 サウザンプトン【ゴロ美】

 イングスの先制点、美しい! あの距離からだとワンバウンドしてGK取れない、というのは良くあると思うのですが。完全にゴロでもコースが完璧だと、GKはあの姿になっちゃいますね。まさに美弾。
2019/20シーズン

第31節:サウザンプトン 0-2 アーセナル【セインツ自粛ボケ】

この試合はセインツGKマッカーシー、そしてDF陣が「自粛ボケ」だったと糾弾されても致し方ないでしょう。先制点の大ポカはもちろん、その後もDFのミス連発で最後は退場➡ゴール前FKと続きます。
2019/20シーズン

第30節:ノリッジ 0-3 サウザンプトン【お団子DF陣】

先制点のシーン、カットされているのでその前の展開は分かりませんが、いくらなんでもノリッジのDF陣の配置がおかしい。 小学生のワーワーサッカーじゃあるまいし(笑)。その後の得点シーンも、DF組織がなってない感がありますね。
2019/20シーズン

第29節:サウザンプトン 0 – 1 ニューカッスル【驚速!サン・マクシマン】

 前半26分にVAR判定で悪質ファールの咎にてムサ・ジェネポ退場。 スローで見る限り、悪意はなさそうだが、グキッと思いっきり脛を踏んづけている。相手の14番ヘイデンはすわ、骨折か! と思いましたが、その後も後半34分までプレイしてます。お...
2019/20シーズン

第28節:ウェストハム 3 – 1 サウザンプトン【ハラーの跳躍力!】

最初の2点は「脱力シュートの威力!」と書きたいところ。 とくに先制点、ウェストハムのボーウェンの「GKの肩口だけを抜く」ショットは、足を振り切らずに止め、ループシュートと同じような球質でサイドネットを陥れました。巧みです。 同点弾のオバ...
2019/20シーズン

■推奨■第27節:サウザンプトン 2 – 0 アストン・ヴィラ【ジェネポのアウト・センタリング!!】

こぼれ球がペナ内左に出たところ、左サイドから諦めずに追いついたジェネポがアウトサイドでセンタリング! これがロングのお腹に当たって先制点。 あれはなかなか難しそう。最後、上半身をちゃんと折りたたんで、蹴るほうの右脚の可動域を確保したので、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました