トテナム(トッテナム)

スポンサーリンク
2020-21シーズン

第26節 トテナム 4-0 バーンリー【ベイル劇場】

強力3トップがいきなり復活! ソンが黒子役として支え、 ベイルとケインが叩き込む! 個人的には、特に2点目の ベイルからのロングパスを こともなげに決めきるケインに驚愕! 「こともなげ」といえば 4点目のベイルのポスト直撃...
2019/20シーズン

2019/20ベストゴールはこれ

前から候補で出ていましたが、公的に選定された模様。 ま、そりゃそうだな。 あとはあのイランの選手のオーバーヘッドとか。   
2019/20シーズン

第38節:クリスタル・パレス 1-1 トテナム【最終節に決める男】

試合はハリー・ケインの「最終節はいつも決める」弾で幕開け。emphatic はemphasize ほかと類語で「勢いのある、強烈な」といった意味です。
2019/20シーズン

■必見■第37節:トテナム 3-0 レスター【ケインの神髄】

ハイライトで見ても分かるハイレベル、好試合! ケインの2得点は、その前の展開、走りこみ方も含めて必見ですね。両方ともルーカス・モウラの絶妙アシスト。ぎりぎりオフサイドでないところで出せる天才。
2019/20シーズン

■お薦め■第36節:ニューカッスル 1-3 トテナム【ラメラ・ダンス!】

最も推奨したいのが終了間際、後半45分のダメ押し3点目。 ケインから左を走るラメラへ。切り返すかな? というタイミングであえて一度DFと肩を当て、身体の移動だけで外へ持っていきます! まさに幻惑の舞!!
2019/20シーズン

■推奨■第35節:トテナム 2-1 アーセナル【ラカゼット強烈弾】

ラカゼットの先制弾は凄いね。DFオーリエによるミスがらみですが、オーバー師匠が奪って繋ぎ、 最後は右足でズドンとロリスのニアをぶち抜いています。 ソン・フンミンも1G1Aと大活躍。トテナムが逆転勝利です。
2019/20シーズン

第34節:ボーンマウス 0-0 トテナム【キングにお仕置き?】

PKになりそうなファウルを見逃しをしてもらった7番キングですが、 サッカーの神様はちゃんと見ていてお仕置きをしたのでしょうか。 彼が絡んだ後半の2つのビッグチャンスは、いずれも成就しませんでした。スコアレスで決着。
2019/20シーズン

第33節:トテナム 1-0 エヴァートン【オウン決勝点】

前半24分、こぼれ球を拾いターンしたスパーズ18番ロ・チェルソが、ゴールからは結構外れた方向にシュート。これがキーンの身体に当たり、オウンゴール。
2019/20シーズン

■推奨■第32節:シェフィールドU 3-1 トテナム【緩いスパーズDF】

再開後、FAカップも含めると「1分け3敗」とメタメタだったシェフィールド。ようやく、戦術的にキッチリした歯車の組合せを見せてくれるような試合ができました。英語表現の観点でも豊かで、閲覧お薦めのハイライト動画です。
2019/20シーズン

第31節:トテナム 2-0 ウェストハム【ハムダービー】

スパーズの先制点は相手のオウンゴール。これ、DFとしては「やっちゃった…」とはいえ、前で競ったりしてくんずほぐれつなので偶発的には起こりえるミスだ。しゃあないですな。
2019/20シーズン

第30節:トテナム 1-1 マンチェスター・ユナイテッド【魔球】

先制弾のベルフワイン。これは強烈ですね! コース取りで、DFを幻惑し、相手のDF同士でクラッシュさせ、そしてGKの手を弾き飛ばすかのような剛速球を突き刺す。まさにゴラッソ!!
2019/20シーズン

第29節:バーンリー 1 – 1 トテナム【ウッド兄貴のゴンゴール】

バーンリーはセンタリングの跳ね返りを、19番ジェイ・ロドリゲスがペナ左角の外から迷いなくダイレクトで振りぬく。これがGKのセーブに遭うもファンブルを誘い、詰めたのはウッド兄貴。 おーっ。久しぶりの感じ。 ウッド兄貴はヘディングで叩き込んだ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました