スポンサーリンク
2020-21シーズン

第4節 レスター 0-3 ウェストハム【クレスウェルの筋力】

試合直前に予想した通り、いや、それ以上にケッサクな展開でアウェイのウェストハムが勝利。お互いにつぶし合いの前半14分。クレスウェルの高速ロング・センタリングが、ファーで待ち構えていたアントニオにピタリ!
2020-21シーズン

第4節 サウザンプトン 2-0 ウェストブロム【美しい軸裏】

前半から攻勢のセインツが、41分。ムサ・ジェネポの華麗なる「軸裏通し」キックフェイントから、左足でゴロ弾。振られたDFの股間を通り、ゴール右へ収まる。 これは年間・個人ゴラッソ候補だ!
2020-21シーズン

第4節 ウルヴス 1-0 フラム【ネト突き刺す!】

前半も、DFに囲まれた狭い局面で 強烈なシュートを放ってた7番ネト。後半、こぼれ球を打ち抜きます。相手DFのスライディングした 脚の間を通り、ゴールに突き刺さる。これが決勝点。
2020-21シーズン

第4節 マンチェスター・ユナイテッド 1-6 トテナム【不公平】

なんじゃこりゃ~! VARはどこ行った? マルシャルがラメラに報復的に手を出したのは確かだが、 その前のラメラのアタックの方が ずっと故意だし、痛いぜ? マルシャルの手は撫でた感しかないのに、こっちの人が退場! そんな不公平な試合です。
2020-21シーズン

第4節 アストン・ヴィラ 7-2 リヴァプール【歴史的大敗!】

先週、加入したばかりのチアゴ・アルカンタラが、ついでサディオ・マネがコロナ陽性と判明。 王者リバポに激震。スタッフも含めて、隔離や消毒で練習どころではなかったでしょうね。そのチーム状況もあったとはいえ、しかしここまで崩壊するとは!
2020-21シーズン

第4節 ニューカッスル 3-1 バーンリー【サン・マクシマン無双】

ニューカッスルの先制点は前半14分。サン・マクシマン戦車が、 ひとりで電撃戦! 最初は4人のDF、最後の局面では5人目もケアしてくるのをあざわらうかのような、左右へのフェイント! これは年間の個人ゴラッソ候補になっちゃいますね~。
2020-21シーズン

第4節 リーズ 1-1 マンチェスター・シティ【ロドリゴ初弾】

イギリス全土で雨だったんでしょうか。リーズでのこの試合も雨です。結果、GKエデルソンのキャッチミスが発生。それをロドリゴ、ごっつあんでいただく。バレンシアから移籍後、初ゴール。リーズが後半14分に追いつきました。
2020-21シーズン

第4節 エヴァートン 4-2 ブライトン【ハメス2G】

雨中の好試合はエヴァートンが快勝。DCLがまた得点! しかし、途中交代のリシャルリソンの怪我が心配です。きっかけはランプティーのタックル。これは正当なものでしたが、今回のランプティーはこれまでの大活躍とは違っておとなしい。前半にて交代。
2020-21シーズン

第4節 チェルシー 4-0 クリスタル・パレス【ザハ&アイェウ沈黙】

前半は退屈至極。そして、後半早々には試合が決まった感。あとはもう「鼻くそホジりソン」な試合。パレスはザハ&アイェウの4-4-2にして新シーズンを迎えているとのことですが、少なくともこの試合では守備のドン引き体制でしかなかった。
2020-21シーズン

【移籍情報】シティにルーベン・ディアスが加入

23歳のディアスが、オタメンディと入れ替わる格好でシティに移籍。6年間の長期契約で、移籍金などは非公表。(for an undisclosed fee)
2020-21シーズン

第3節 リヴァプール 3-1 アーセナル【力の差、歴然】

ワンチャンスで先制を許したリバポでしたが、同点弾は3分後。ファン・ダイクから右のA・アーノルドへ、そしてアーノルドからケイタへの縦パス、と大きな展開。正確無比のパス精度。サラーのシュートから、最後はマネがごっつあんです。
2020-21シーズン

第3節 フラム 0-3 アストン・ヴィラ【2人目の虎あらわる】

後半39分に途中投入されたのは、なんと「ベルトラン・トラオレ」。今季、リヨンから移籍。この試合の直前に行われたリーグカップ(ブリストル・シティー戦)で初先発し、チーム2点目のゴールを決めてます。いよいよ2人の虎が並び立つ時代に!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました