スポンサーリンク
2019/20シーズン

【試合メモ】第1節の残り6試合:一気にまとめ!

マンチェスター・ユナイテッド 4 - 0 チェルシー をはじめとする第1節残り試合を一気にまとめます!
2019/20シーズン

俺ちゃん悲報:DAZN「見逃し配信」から第1節ががが!

毎試合10試合も追加される恐ろしいプレミアリーグ! 試合分析、実況英語分析と全部はできませんのであっさりと方針変更した次第ですっ♪
2019/20シーズン

【分析3】第1節:クリスタル・パレス 0-0 エヴァートン【地味スコドロ】

berry:ベリーを摘む、っていう動詞。「普段はこうしたチャンスは摘み取るシグルズソンなのですが…」といったニュアンスか。
2019/20シーズン

【分析2】第1節:クリスタル・パレス 0-0 エヴァートン【地味スコドロ】

実況英語分析の2回目です。 「pack down」ってラグビー用語で「スクラムを組む」という意味らしい。 「組み伏した!」ってなところですかね。
2019/20シーズン

第1節:クリスタル・パレス 0-0 エヴァートン【地味スコドロ】

子供じみた退場劇もあり、地味なスコアレスドローの試合。 swift は「速やかな」意味の形容詞で、fast,rapid よりも形式ばった語。 ユヴェントスで活躍したモイズ・キーンは、エヴァートンに在籍中。
2019/20シーズン

【分析2】第1節:ボーンマウス 1-1 シェフィールドU【昇格初戦で劇的同点】

前回の実況分析、つづきの記事です。 3バックの右なのに、イングランドでは「centre half センターハーフ」と呼ぶことを知り、衝撃! 攻めてるときにはハーフラインに居るからかなぁ?
2019/20シーズン

【分析】第1節:ボーンマウス 1-1 シェフィールドU【昇格初戦で劇的同点】

ボーンマス側の高速実況、ちょっと手に負えない。 解説のオジサン、モゴモゴとこもった声でしかもところどころウルトラ早口。 でも聞き取れる範囲で英語分析していきます!
2019/20シーズン

第1節:ボーンマウス 1-1 シェフィールドU【昇格初戦で劇的同点】

ウェンズデーでない方のシェフィールドさん。13年ぶりのトップリーグ(プレミア)昇格。 試合は交代直後のシャープによる劇的同点弾でドロー!
2019/20シーズン

【分析】第1節:ウェストハム 0-5 マンチェスター・シティ【王者圧勝】

pacey またはpacy はスポーツ用語。pace の形容詞形で、「素早い」という意味。 clinical は「冷静な」の意味です。
2019/20シーズン

第1節:ウェストハム 0-5 マンチェスター・シティ【王者圧勝】

昨シーズンのチャンピオン、マンチェスター・シティが登場。 ユニが渋いウェストハムのホームゲーム。 結果は5-0とシティの圧勝でした。
2019/20シーズン

【分析】第1節:リヴァプール 4-1 ノリッジ【サラー躍動】

YouTube驚速実況英語を分析していきます。 weighted pass で「(強さ・速度をちゃんと調整して)スペースに出すパス」。「ボールをちゃんと調整して出した、いいパス!」という意味。
2019/20シーズン

第1節:リヴァプール 4-1 ノリッジ【サラー躍動】

2019/20シーズン、こけら落としの一戦は4-1でリヴァプールが勝利。 オリギ、サラー、この人たちは止められないね。 特にサラーは1ゴール1アシスト、1お膳立ての大活躍。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました