ヒメネス

スポンサーリンク
2020-21シーズン

第26節 ニューカッスル 1-1 ウルヴス【ヒメネス練習復帰】

ラガーマン対決はドロー! 俺ちゃん的には、このカードの注目点は 「サン・マクシマン戦車 VS 虎さん」 しかない! 2人とも得点はなかったけど、 目立ってたので余は大満足じゃ! 試合の方は、ウルヴスのネトと ネヴェスが好調...
2020-21シーズン

第10節 アーセナル 1-2 ウルヴス【虎キープ発動!】

前半5分でヒメネス負傷 前半5分のCK。 ヒメネスとダヴィド・ルイスが頭を強打。 あれ、危険すぎる…。 ダヴィド・ルイスは 相手が見えていた方なんだから 自重して、頭を振らなければいいのに! 下手してたら一人死んじゃいます...
2020-21シーズン

第9節 ウルヴス 1-1 サウザンプトン【ヒメネスの巻き取りトラップ!】

ネトが詰めて同点弾 セインツの先制点は ウルヴスのDFがお粗末だよなぁ。 局面で2バックみたいになっているし、 ファーで1対2を作られてる。 パスを伺うジェネポにプレッシャーもない。 そして最後の局面で、 22番セメド...
2020-21シーズン

第6節 ウルヴス 1-1 ニューカッスル【ヒメネス・ゴラッソ!】

後半35分、FKのこぼれをヒメネスが冷静にトラップ。見極めてからハーフボレー弾をゴール左隅に突き刺す! 流れ的にもこれで決勝点かと思われましたが、最終盤の後半44分にゴール前FKでジェイコブ・マーフィーがニアを抜き、同点決着。
2020-21シーズン

第5節 リーズ 0-1 ウルヴス【唯我独尊幸運弾】

後半25分。右サイドにひとり流れたヒメネスがロングボールを受け、中へカットイン。ひとりで中央まで持ち込んで、さらに切り返す。最後はやや力のないショットがリーズMFフィリップスの頭に当たり、オウンゴール! 幸運な決勝点に。
2020-21シーズン

第2節 ウルヴス 1-3 マンチェスター・シティ【今年は力負け】

さすがにウルヴスは厳しかったですね。ドハティ、ジョッタの2枚看板を引き抜かれてはチームに推進力がありません。開幕節は勝利もしたし、粗も目立ちませんでしたが、シティ相手では力の差が明らかでした。結果は1-3でシティが昨年のリベンジ。
2020-21シーズン

第1節 シェフィールドU 0-2 ウルヴス【ポデンス絶妙】

両者攻め合って、惜しいチャンスがたくさんあった試合。しかし前半6分までに3回もの決定機を得たウルヴスが、そのうち2回を決めて勝利。 先制点のポデンスの「ファー通し」には「巧みです」マークを送りたい。
2019/20シーズン

第36節:バーンリー 1-1 ウルヴス【取れないPK】

こぼれ球を「メキシカン・センセーション」が右足ボレーで叩き込み、後半31分にウルヴス先制。 EL圏への望みを繋いだ…と思いきや、最後の最後、後半51分に暗転。ドハティの手にボールが当たりPK。ウッド兄貴に決められる。EL圏内は厳しく…。
2019/20シーズン

■ゴラッソ■第35節:ウルヴス 3-0 エヴァートン【ポデンス本格稼働】

1月加入のポデンスがドリブルで仕掛け、PKを奪取。微妙だが倒れ方が上手かった。これを「メキシカン・センセーション」様が落ち着いて決め、ウルヴス先制。追加点2つを重ねたウルヴスが快勝。また、ジョッタのゴラッソも必見です。
2019/20シーズン

第31節:ウルヴス 1-0 ボーンマウス【また黄金コンビ!】

あれれ、前節と全く同じ構図の 決勝弾って感じだ! 虎さんからメキシカン・センセーションへ。これは確かに「would not be stopped」な決勝点でしたな。
2019/20シーズン

■ゴラッソ■第30節:ウェストハム 0-2 ウルヴス【仰天ボレー!】

さらに筋骨たくましくなった感じのある虎さんが大活躍。まずはヒメネスへのアシスト。ついで、ペドロ・ネトの追加点ゴラッソも、虎さんの「引きで交わしたドリブル」からの展開。くぅ~っ、痺れるぜ! あのガタイでドリブルも上手いんだから。
2019/20シーズン

第11節:アーセナル 1-1 ウルヴス【ヒメネス頭抜ける】

DFのマークミスでウルヴスが失点。しかし終盤のアーセナルがガス欠(?)で、ヒメネスの高いヘッド弾で同点、といった感じの試合。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました