実況分析

スポンサーリンク
2019/20/21シーズン

【実況分析】第8節:アーセナル 1-0 ボーンマウス【サカ様で上り坂】

ダヴィド・ルイスのヘッド弾の箇所。「locks」と実況が言っているようで、当初耳を疑って何度も聞き直しましたが、確かにこう言っているはずです。 で、調べると「名詞:髪の房;巻き毛、(~s)頭髪」という意味がありました! これか~。
2019/20/21シーズン

【分析】第3節:リヴァプール 3-1 アーセナル【サラー疾走!】

PKの直前、サラーが引っ張られたシーン。「Salah got a tug on his shirt,」tug は「グイと引っ張る」こと。
2019/20/21シーズン

【分析】第1節:マンチェスター・ユナイテッド 4-0 チェルシー【Woodwork?】

大いに盛り上がったマンUとチェルシーの一戦。 YouTubeハイライトの実況英語分析になります。 woodwork「木製品」転じて「ゴールの枠(ポストとクロスバー)」の意味!
2019/20/21シーズン

【分析3】第1節:クリスタル・パレス 0-0 エヴァートン【地味スコドロ】

berry:ベリーを摘む、っていう動詞。「普段はこうしたチャンスは摘み取るシグルズソンなのですが…」といったニュアンスか。
2019/20/21シーズン

【分析2】第1節:クリスタル・パレス 0-0 エヴァートン【地味スコドロ】

実況英語分析の2回目です。 「pack down」ってラグビー用語で「スクラムを組む」という意味らしい。 「組み伏した!」ってなところですかね。
2019/20/21シーズン

第1節:クリスタル・パレス 0-0 エヴァートン【地味スコドロ】

子供じみた退場劇もあり、地味なスコアレスドローの試合。 swift は「速やかな」意味の形容詞で、fast,rapid よりも形式ばった語。 ユヴェントスで活躍したモイズ・キーンは、エヴァートンに在籍中。
2019/20/21シーズン

【分析2】第1節:ボーンマウス 1-1 シェフィールドU【昇格初戦で劇的同点】

前回の実況分析、つづきの記事です。 3バックの右なのに、イングランドでは「centre half センターハーフ」と呼ぶことを知り、衝撃! 攻めてるときにはハーフラインに居るからかなぁ?
2019/20/21シーズン

【分析】第1節:ボーンマウス 1-1 シェフィールドU【昇格初戦で劇的同点】

ボーンマス側の高速実況、ちょっと手に負えない。 解説のオジサン、モゴモゴとこもった声でしかもところどころウルトラ早口。 でも聞き取れる範囲で英語分析していきます!
2019/20/21シーズン

【分析】第1節:ウェストハム 0-5 マンチェスター・シティ【王者圧勝】

pacey またはpacy はスポーツ用語。pace の形容詞形で、「素早い」という意味。 clinical は「冷静な」の意味です。
2019/20/21シーズン

【分析】第1節:リヴァプール 4-1 ノリッジ【サラー躍動】

YouTube驚速実況英語を分析していきます。 weighted pass で「(強さ・速度をちゃんと調整して)スペースに出すパス」。「ボールをちゃんと調整して出した、いいパス!」という意味。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました